Kギタースクール合奏団「ギターアンサンブル」と「ウクレレアンサンブル」のご紹介

Kギタースクールでは二つの合奏団を結成し、現在活動中です。

クラシックギター合奏団 「ラプラタ・ギターアンサンブル」

発表会のためのにわか合奏でなく、やる気のあるメンバーで継続して練習を行い、多くのレパートリーを持てるようになること、合奏をとおしてメンバー間の和を大事にしながら楽しんで練習(演奏)できるようになることを目的に、2005年3月頃に結成されました。
合奏団は、普段のレッスン以外に定期的に(月2回)練習をおこなっています。 練習の成果(発表の場)は、Kギタースクールの発表会やイベント・外部主催のコンサートなど、合奏団で参加できそうなものがあれば積極的に参加しています。

【外部主催コンサート参加実績】
  チャリティコンサート (教育文化会館小ホール)
  まるやまミュージックソン (札幌市内 円山エリアのカフェ・アトリエ等)
  北海道ミュージックフェスティバル (kitara 小ホール)

メンバー募集は今のところ不定期で状況をみながら募っていますが、Kギタースクールの生徒さんでやる気のある方は受け付けておりますので、合奏参加希望者は講師にお伝えください。

Kギター合奏団 ラプラタギターアンサンブル


ウクレレ・アンサンブル 「Kei-U.E」

2013年よりウクレレも合奏団を結成し、発表会等定期的に活動をおこなっています。
こちらの合奏団も、普段のレッスン以外に定期的に(月1回)練習をおこなっています。
当スクールのウクレレ合奏では皆でコードを弾いたり弾き語りという形でなく、メロディと伴奏などきちんとパートが分かれる本格的なアンサンブル形式です。
こちらも不定期ですがメンバーを募集していますので希望者は講師までお尋ねください。

Kウクレレ合奏団 Keiウクレレアンサンブル


どちらの合奏団も参加していただくにあたって以下の決まりごとを設けています。

~合奏団参加にあたって守っていただきたい条件~

  • 合奏に対してやる気があり、定期的な練習に参加すること。(強制ではありませんが極力参加できるよう努力すること)
  • 受け持ったパートにたいして、練習する努力をすること。(曲が易しくても手を抜かないこと)
  • 独奏ではないので、メンバーに対して不愉快な思いをさせたり、和を乱す言動をとらないよう配慮できること。
  • 予定された発表会・演奏会には確実に参加すること。
  • Kギタースクールの生徒であること。
    (ギター合奏は外部の方の入団は受け付けておりません。ウクレレはタブ譜が読めて簡単な曲を演奏できる方であれば、外部の方でも入団を受け付けています)

以上のことを守れる方であれば、初心者でも参加可能です。興味のある方、詳しいことを知りたい方は講師までお問い合わせください。


【合奏団に入るメリット】

  • 練習していくうちに楽譜が正確に読めるようになる・リズムが正確に取れるようになる。
  • 自分の出す音だけでなく、相手(周り)の音をよく聴く習慣がつく。
  • 参加メンバーが固定しているので、ギター&ウクレレ仲間を作りやすい。
  • ソロ曲のように自分の好みの曲に偏らず、いろいろなジャンルの曲に挑戦できる。

合奏団を結成して以来、発表会のための生徒間の重奏・合奏は講師の方で積極的に機会を設けることはしておりません。そのため、重奏・合奏をやりたい方は合奏団に入っていただくことをおすすめしています。 (にわか重奏・合奏だと、メンバー及び曲の選定・練習時間の確保が難しい為。なお、生徒間の合意で行う重奏希望は配慮します。)

このページの先頭へ